当カウンセリング事務所では、ふたつの視点(メンタルヘルスケアとしてのカウンセリング成長、自立を促すカウンセリング)から、企業内での各種カウンセリング、セミナー
ワークなどを提案させて頂きます。

@企業内のメンタルヘルスケアとしてのカウンセリング

非常にストレスが多い社会の中で、今、心の問題が大きくクローズアップされています。
今までにない犯罪の低年齢化、激しい企業のリストラ、学級崩壊、家庭の崩壊、神経症、
心身症、幼児虐待と数え上げればきりがありません。また、自殺者も増加の傾向にあります。

警察庁のまとめによると、平成14度中の自殺者は13年より1,101人多い32,143人。
性別割合では男性71.8%、女性28.2%、年齢別では60歳以上が全体の34.6%、
50代が26.3%(8462人)、40代が15%(4813人)と続いています。

まさに働き盛りの男性に自殺が多いという、なんとも痛ましい限りの結果が提示されて
います。こうした点を踏まえ、職場をそうして悩む人たちを保護しサポートする場所に変えていく必要性を痛感します。

精神科医のお世話になる前に、職場に“癒しの働き”があるかどうかは極めて重要なこと
です。これは単に従業員個々の問題だけではなく、健康の保持増進のための活動は、それに付随して様々なメリットが、企業サイドにも浮かび上がってきます。

心の健康づくりを進めることは労働者のやる気向上にも結びついてきますし、職場内の交流が進められることにより組織の活性化に繋がる可能性もあります。さらに、長期的視点に立つと、企業活動におけるリスク回避にも役立つことになります。

何故なら、それは労働者の欠勤を減少させるとともに、作業効率の向上にも寄与し、
また作業自己を防止することにも繋がることなどが考えられる
からです。


A社員の自立、成長を促すためのカウンセリング

・人間関係を円滑に行うための教育セミナー
 (ストレス対処法、アサーショントレーニング、交流分析)
・社員の自立、自己実現に向けての教育
 (個人カウンセリング、グループワーク)
・管理者に対するカウンセリングマインドの教育

ご興味ご関心を持たれた企業担当者様は、ご遠慮なく当カウンセリング事務所まで
ご連絡下さいますようお願い申し上げます。
また、メンタルヘルス、コミュニケーションに関する講演や研修の依頼にも応じます。

ご連絡はこちらまで → kokoro@geo-space.jp